【就職・転職サイト情報】unistyleの活用方法

内定者のESを見ることができる選考対策サイト

「unistyle」は比較的新しくできた就活サイトです。
有名なリクナビやマイナビと異なるのが、unistyleは企業情報そのものというよりもどういった対策をすることでより採用されやすくなるかという「選考対策」に特化したサイトであるということです。

中でも独自機能として知られるのが内定者のESを読むことができるという機能です。

これは「unistyle」に登録をすることでできるようになるサービスですが、実際に就活に成功した人がどういった方法をとったかということを詳しく調べることができるので、戦略的に就活をしていきたい学生にとっては大変ありがたいでしょう。

その他にもこれから就活をしようという学生に対して、自己PRや志望動機、ES、ガクチカ(学生時代力を入れたこと)をどうアピールしていくかということを教えてくれるコンテンツが充実しています。

就職活動本番前に現在の就活の様子を知りたいという人はざっと目を通しておくとよいでしょう。

ただし選考対策サイトをうたっているだけあってかなり内容はハイレベルで、テクニカルな部分についても相当触れられているためまだ就職する企業の方向も見定まっていない学生にとってはちょっと難易度が高いと感じる部分もあります。

裏返せば、既に入りたい業界が決まっておりそこに入るための具体的な方法を知りたいと考えている学生にとってはまさにぴったりのサイトといえるでしょう。

高学歴な学生層がターゲットである点に注意

unistyleではそもそもとして、リクナビやマイナビのように全国どこでも誰でも便利に使えるサイトということを目的にしていません。

メインユーザーとして想定しているのは高学歴の新卒学生で、特に外資系大手のような実力主義で高年収が望めるような一流企業に入ることが前提になっています。

そのためサイト内で紹介している就活イベントもそうしたハイクラス企業の説明会が多く、イベントへの参加が学歴で足切りされてしまうということもあるようです。

仮にそうしたイベントに参加をしても、周りの話が既にどこでどういう仕事をするかをしっかり決めているタイプの人が大半なので、「とりあえず話だけ聞きに行こうかな」という人はやはり置いてきぼりにされてしまう感じになります。

使う人のタイプをかなり選びますが、より成功率の高い就活をしたいと考えている論理的な人にとっては他の万人受けする就活サイトとは違った便利さを感じることができるのではないかと思います。

ワンランク上の就活をしたいと考えている人や、トップクラスに限定された就職説明会に参加をしたいという人におすすめです。