【就職・転職サイト情報】外資就活ドットコムの活用方法

外資系に限定した選考対策サイト

ここ最近の就活市場でにわかに大きな注目を集めるようになってきているのが外資系企業です。

日本の国内企業の労働環境が過酷であることが既にブラック企業問題などとして広く社会に知られるとともに、急成長をする中国やアジア地域の企業での初任給の給与が日本水準の倍以上もあるというようなことが伝えられています。

その他にも技術面や将来性などから日本企業ではなく外資系の企業に就職して自分の力を試してみたいという若い学生は増加傾向にあります。

しかし外資系企業の場合、日本の国内企業のような横並び一線の就職活動と異なり、それぞれ社風に合わせた独自に採用活動がされていたりします。

そこでこれから外資系企業に就職したいという学生に対し、そのための選考方法対策を詳しく教えてくれるのが「外資就活ドットコム」ということになります。

サイト名からもわかるようにメインターゲットは外資系企業で、国内企業はほぼ扱われていないと言ってもよいでしょう。

そのため国内企業を第一志望としている学生にとっては全くアプローチの方法が異なりますので、登録をするときには自分の就活の方向性をしっかり意識して行うようにしてください。

外資系への就活前に知っておきたい情報が満載

外資系企業は成果主義・実力主義が基本となっていることから、採用で重視されるのは高学歴の学生です。

特にグローバル展開を大きく行っている外資系企業になると、求められる能力も相当に高いものになってきます。

よく「日本企業は学歴や職歴が重要視されるけれども、外資系は実力があれば大丈夫」といったことも聞きますが、これはある意味では正しくまたある意味では間違っています。

というのも外資系企業といってもピンきりで、中には外資系コンサルティングファームなど日本の学生採用では特定の学校出身者以外はエントリーをしても足切りをされるようになっているということもあるからです。

日本の法律では求人の段階で特定の学歴など条件をつけることは禁止されているので公式な発表ではありませんが、外資就活ドットコムのようなサイトでの情報を見てみるとやはり裏では足切りをする企業は確実に存在しているようです。

そうした多種多様な外資系企業の内情をしることができるというのもこの外資就活ドットコムのよいところで、どの企業はどういった採用方針をとっているかの企業研究をしていくことができます。

一方で学歴は不問ではあっても英語能力に非常に高いレベルを求めていたり、公認会計士などの高い資格を持っている人材を優先しているなど条件付の足切りもあるので、そのあたりもサイトを参考によく研究しておきたいところでしょう。