Q.企業へ応募書類を送ったのに返事が来ません。

応募したのに返事が来ない

就活や転職活動では最初は書類を送ることからスタートします。
検討している企業に書類を送ると、まずは書類選考が行なわれます。

あなたがどんな経歴で、どのような志望動機や自己PRを書いているのかをチェックされ、企業の求める人物像と合致していたら次の選考段階へ進むことができます。

応募書類を送っても連絡がない場合、残念ながら今回は不採用だったと考えた方が良いでしょう。
基本的に企業は応募書類には全て目を通しています。
届いていなかったということは考えにくく、チェックされて条件に満たなかったと考える方が良いです。

人によるかもしれませんが、電話の着信があっても出る方とそのまま出ない方もいます。
企業もこれと似ていて、チェックはするものの、不採用の通知を送らない企業もあるのです。

応募した方からすると、なぜ連絡をくれないんだろうと気になってしまいますが、ここは仕方がないとして切り替えることが大切です。

企業は多くの応募者を相手にしている

企業は基本的に多くの応募者の方を相手にしています。
応募するのはあなただけではなく、全国から応募があるのです。
そのため、ひとりひとりの応募者の方に対して対応が薄くなってしまうこともどうしてもあるのです。

採用担当に避ける人数は企業も限られているため、そうした限られた人数で対応していくためには業務をなるべく効率よくするしかありません。
そのため、不採用の場合の連絡は、連絡がないなら不採用と考えてもらうということにしている企業も比較的多くあるのです。

連絡が来ない場合はこのケースに当てはまっていると言えるでしょう。
少し冷たいと感じるかもしれませんが、実際の社会ではこうした例はたくさんあります。

そのため、仕方がないとして切り替えて次にいくことが大切です。

一応、企業に確認で連絡をしてみるのも良いと思います。
ですが、多くの場合は不採用を伝えられて終えるということが多いと思います。

もし企業が書類を見落としていて後日通過になった場合は企業から連絡が来る可能性はありますが、あまりないケースと言えます。

気持ちの切り替えもとても大切

人によっては書類選考で落ちてしまったことや連絡がこないことがショックで落ち込んでしまう方もいるかもしれません。
ですが、これは乗り越える必要があります。
仕方がないと割り切って次にいくようにすれば、必ず選考が通過する企業があるはずです。

就活や転職活動は気持ちの切り替えもとても大切です。
少しのことで動じずに、まだまだ受けられる企業はあるから、次にいこうと考える方の方が上手くいきやすいのです。

ぜひあなたも就活や転職活動を通して、こうした気持ちの切り替え方も学んでみてほしいと思います。
これもきっと今後の生活で役立ってくれるはずです。