Q.退職理由を聞かれたときに、印象を下げない答え方は?

退職理由の良い答え方

転職の際に必ず聞かれることとして、退職した理由があります。
退職理由はマイナスポイントになりやすい所です。

転職を検討する方の中には、今よりもさらに良い仕事を目指したいというキャリアアップの方だけではないと思います。
正直なところ仕事が激務で耐えきれずに退職してしまったり、人間関係が上手くいかずに退職してしまったという方もいるのではないでしょうか。

こうした方が転職理由を伝える場合は、伝え方に気をつける必要があります。
人間関係が嫌になったから、仕事が忙しかったからという理由に納得して、じゃあうちに来てくださいという企業はあまりないと言って良いでしょう。

ここではどのように退職理由を伝えると良いかについてご紹介します。

基本はプラスに切り替えて答える

こうした退職理由の答え方としては、必ずプラスに切り替えて伝えることが大切です。
人間関係が理由で退職してしまったけれど、自分にも良くない点があったと反省している、今後は気持ちを切り替えて新しい環境で頑張っていきたい、という形で答えるようにすると、企業の方も納得してくれやすくなります。

企業の方も前向きに頑張ってくれる方に来てほしいと思っているので、マイナスの形で答える方は不採用になってしまうのです。

また、収入が良くなくて退職したというのも、自分の努力不足だったのではと考えられてしまいやすいです。
そのため、仕事をする中で今後のキャリアについて見直したとき、御社の事業内容に興味を持った、今後はよりスキルアップを目指して頑張りたいと思っている、という形で答えるようにすると、これも企業に好印象を持ってもらえます。

伝え方ひとつで大きな差が出てくるので、ぜひ気をつけてみることをおすすめします。
面接では常にこうした前向きな形で切り替えて答えることが大切になります。
ぜひ日頃から意識してみてほしいと思います。

逆にこれがスムーズにできるようになれば面接ではどんなことを聞かれても大丈夫になります。
今までの経験は全て良いことだったと考えて、今後はさらにステップアップとして考えて臨むと良いでしょう。

これはこじつけと考えてしまう方もいるかもしれませんが、実際にこう考えることはとても意味があります。
その方向へ人生もシフトしやすくなるので、日頃からポイジティブな考え方を身に付けるようにしましょう。

焦らないことも大切

退職理由を答えるのは多くの方が苦手にしていることでもあります。
ですが、ここで焦らないことがとても大切です。

焦ってしまうと良い答も浮かばなくなってしまうので、気持ちに余裕を持って答えるようにすると良いでしょう。
そうすれば転職活動での面接もきっと上手くいくはずです。

ぜひ意識してみてほしいと思います。