履歴書写真の撮り方アドバイス

履歴書の写真はとても重要

就活や転職活動で必ず必要になる書類として履歴書があります。
履歴書には各項目を記入する必要がありますが、もうひとつ大切なポイントが写真です。

履歴書には写真を貼付する欄があるので、必ずここにも写真を貼付しておきましょう。
写真は様々な場所に設置されている写真の撮影機で撮影することができますが、ここで、撮り方に気をつけることでより効果的にアピールできる履歴書に仕上げることができます。

あっとほーむでは履歴書の写真の撮り方までこだわるようにお伝えしているので、今回はそのポイントをお伝えします。
ぜひ参考にしてみてくださいね。

写真の撮り方のポイントとは

写真の撮り方のポイントとして、写真は実は自分で撮らない方が良いです。
自分で撮らないというのは、写真機でできれば撮らない方が良いということです。

その代わりとしておすすめなのは、写真屋さんです。
写真屋さんはプロのカメラマンが撮影してくれるので、よりきれいに撮影をしてくれます。

履歴書の写真はあなたを最大限にアピールできる方が良いので、撮り方にもこだわった方が良いです。
近所などにある撮影機だとどうしても限界があるので、高性能なカメラとプロの技術で撮影してくれる写真屋さんで撮影してもらった方がより良い写真を撮ることができるのです。

もちろん費用は写真機よりも割高になりますが、それで今後の就活を有利に進められると思えば、ここはお金をかけてもリターンが見込めるところと言えます。
ぜひ頑張って就活をしたい方は活用してみてほしいと思います。

写真屋さんがどこにあるか分からないという方は、インターネットでチェックすると最寄りのお店を見つけることができます。
PCやスマホなどでチェックしてみてほしいと思います。

自分で撮影する場合

自分で撮影する場合は、なるべく明るい笑顔で撮影すると良いです。
もちろん大笑いするような表情はよくありませんが、自然な笑顔を浮かべている写真はとても好印象になるので、ぜひ取り入れていきましょう。

笑顔が苦手という方は自分の顔を鏡でチェックして笑顔の練習をすることをおすすめします。
これだけでもずいぶん印象が変わり、効果的な笑顔で写真を撮影することができるはずです。

また、きちんと正面から撮影して左右対称を意識して撮影するようにしましょう。
人は左右対称な写真をきれいと思う方が多いので、なるべく左右のバランスの取れた写真を貼るのがおすすめです。

以上、写真撮影のポイントをお伝えしてきました。
写真一つとってもこのようにテクニックがあるので、就活ではこうしたテクニックを有効活用してより有利に進めることをおすすめします。

その差は後々とても大きなものとなって返ってくるはずですよ。