転職活動におけるポイント

就職活動を成功させる鍵は「スケジュール管理」にあり

新卒であっても中途採用であっても、就職活動を成功させられるかどうかの鍵は何よりも「スケジュール管理」にあります。

就職活動を開始する前に揃えておきたいグッズの1つに「ビジネス手帳」がありますが、これは自分の今後の予定を視覚的に把握することができるというところがメリットです。

新卒の場合は手帳を選ぶなら月ごとの予定を沢山書き込めるタイプのものにすることと、年間スケジュールを一覧で見ることができるものにすることがポイントとなります。

転職を計画する場合も、転職に必要な期間は平均3ヶ月と言われているため全体のスケジュールを把握できるタイプのものにしましょう。

スケジュール管理が大切なのは、書類送付や面接スケジュールにブッキングや予定漏れがないようにするためです。
それ以外にも、あらかじめスケジュール管理をしておくことでダラダラと活動をすることを防ぐことができるという効果があります。

就職活動に成功する人のほとんどが、期間を限定させたメリハリのある活動をしています。
なんとなく行き当たりばったりで就職活動をしてしまうと、結局決まらないまま時間だけがズルズル延びていき最終的に妥協で選んだところに就職することになってしまいます。

便利にできる情報収集ツール

今時の就職活動においては情報収集も必須です。
新卒の場合には学校に会社説明会の案内が来たり、就活セミナーを学校が開催してくれたりと情報集めに苦労することはありませんが、中途採用ではそういうわけにはいきません。

新卒・中途に限らず自分にとって使いやすい情報収集のツールを使いこなせるようにしましょう。
情報収集ツールで最も手軽なのがインターネットですが、よりリアルタイムで求人情報を集めるには就職サービスに会員登録をするのがおすすめです。

就職支援サービスは大手から地元密着型まで数多くの企業が行っていますが、登録をしておくことで自分の希望に近い求人情報をメールなどで連絡してもらえます。

気になる企業があったら必ず公式サイトをチェックして、その企業の概要などを調べるようにしましょう。
大手企業を狙っているなら会社四季報の最新号を購入し、ここ直近の業績についても把握しておくと面接時のアピールに役立ちます。

基本に立ち返ることも忘れずに

中途採用をするときに忘れがちになるのがビジネスマナーの基本です。
何もわからない新卒時には素直にマナーについての注意事項をチェックしていても、中途採用では「そんなのもう知っている」と軽視しがちです。

面接時の服装の常識や言葉遣いなど、書類作成や面接前には謙虚な気持ちで今一度見直すことをおすすめします。