納得し余裕のある転職活動を!

まずは転職に家族の了承を得ることが大切

転職活動に入る前に絶対にやっておきたいのが「家族の了承を得る」ということです。
結婚をしているなら妻もしくは夫に、実家で生活をしているなら同居の家族にあらかじめ転職をする予定であるとい言い、協力をしてもらいたいということを伝えておきます。

就職活動をするのは自分なんだし家族にいちいち報告する必要はないと思ったり、余計な心配をかけたくないから就職が決まるまで黙っていたいと考える人もいるようです。

ですがそうした内緒の転職活動というのはかなり精神的にきついものです。
転職活動では終えるまでの平均的な期間は約3ヶ月と言われるので、それまでの間一人ぼっちで全ての重荷を背負うというのはつらいでしょう。

特に転職活動においては全く希望どおりの職業を見つけることができることは滅多になく、数社~数十社からお断りを受けることもあります。

頭では「条件が合わずにお断りになることもあるよね」とわかっていても、いざ断りが続くと次第に自分自身を否定されたかのような気持ちになってきますので、そうした時期の家族の支えというのはとても重要になってきます。

夫婦での生活では転職期間が長くなってしまって収入がない期間が増えるとそれだけ家計にも影響が出てくるので、再就職先が決まるまでは生活水準をちょっと下げるということに同意してもらうことも大切です。

希望に近い転職先を見つけるには

転職活動をする前にやっておきたいことのもう一つが、自分が本当にやりたい仕事は何かという自己分析です。
転職をする理由としては「給与が安い」「就業時間が長い」「人間関係がよくない」「自宅から距離がありすぎる」といったようなことが挙げられます。

求人情報は沢山あるようですが、全ての条件において必ず希望通りになる職場には中々出会うことはできません。
そうしたときに、最も優先させたい条件はどれで、他の条件はどこまで妥協できるかということを考えておくと求人探しもはかどります。

中途採用での面接では採用にあたり条件交渉をすることも十分に可能ですので、希望の給与額や時間など条件を決めておけばより自分の希望にあった求人を探すことができやすくなります。

転職期間が長引いて生活費が苦しくなってきたり、家族に内緒にし続けるのが無理になってきたりすると精神的な余裕がなくなってくるため、自分の希望の職種ではなくとにかく入れるところにしようという気持ちになりがちです。

せっかく転職という大きな人生の岐路を選ぶのに、前よりも条件の悪いところに妥協するのでは意味がありません。
転職期間中の生活や精神を安定させておくことこそが、転職活動成功のための大きなカギとなってきます。