転職における自己PRの考え方

自己PRの考え方の基本を学ぼう

転職活動では自己PRをする機会も多くあります。
自己PRでは自分をどのようにアピールするかが大切になりますが、ここで、自己PRの基本を学んでおく必要があります。

自己PRについての考え方とも言えるものを学んでおくことで、より効果的な自己PRができるようになるのです。
ここではそうしたより良い自己PRをするための考え方をご紹介します。

あなたもこの考え方を習得して、面接官の方を唸らせるような自己PRをしてほしいと思います。

自分についてよりよく知ろう

自己PRの基本の考え方は、自分についてよりよく知ることです。
自己PRというと自分をどのようにアピールするかを考えることが大切だと考える方が多いですが、実はこの前に、自分を知っておく必要があるのです。

自分についてなんてもう分かっていると思っている方もいるかもしれません。

こうした方は、これからどんな仕事に就きたいと思っているか、就いた仕事で何をしたいか、仕事を通してこうなりたいというビジョンを語れるか、仕事で身につけたいスキルはどんなものか、こうしたことにすらすら答えられるかをチェックしてみてほしいと思います。
すぐに出てこなければ、それは自分を分かっていないことになります。

自分を知るというのは、自分の今後について具体的に答えられるということです。
答えられない方は、この答を無理やり作るのではなく、本当は自分はどうしたいかについてよく考える必要があるのです。

これはとても本質的な考え方で、自分についてきちんと分かっておけば、自己PRをするのも簡単にできるようになります。
自分についてよく分かっていれば、あとはその中から企業にとって何が合っているかを伝えれば良いだけだからです。

多くの方が自分をよく分かっていない中で企業に自分が合っていることを伝えようとするので、返答に詰まってしまうことになるのです。

自己分析は就活ではする方が多いですが、転職活動でも行なっておきましょう。
先ほどの質問にすぐに答が出ない方は、自己PRの前に自分を知ることが大切です。

紙などに自分の考えを書き出していくと、自分について深く考えることができるようになります。
紙に書くことはとても大きな効果があり、自分の頭の中を整理するのに役立ってくれるのです。

自己PRは自己分析とつながっている

このように、自己PRは自己分析がしっかりしていると自然にできるようになります。
就活や転職活動の大部分は自分をよく知ることで解決することができるので、ぜひ良い機会と思って考えることをおすすめします。

自分について考えるのは大変かもしれませんが、それは後になって大きなリターンとして返ってくるはずです。