面接でよく聞かれる質問と回答例

面接ではよく聞かれる質問もある

面接就活や面接で必ずあるのが面接です。
面接は直接企業の方と話をして、お互いによりよく知るための機会でもあります。

面接では面接官の方から、様々な質問がありますが、多くの企業でされることが多い質問もあります。
ここではそうした質問とその回答例をご紹介します。

回答例は多くの方に当てはまるようになっているので、ぜひ参考にしてあなたの回答も組み立ててみてほしいと思います。

面接でよく聞かれる質問をご紹介

面接でよく聞かれる質問として、なぜ当社を希望したのでしょうかという質問があります。
これは、条件面を答えるのではなく、御社の企業理念に惹かれました、など、その企業独自の個性が感じられる点を挙げると良いでしょう。

条件面だけで良いと判断されると、企業の方も別に他の企業でも良いのではと思ってしまいやすくなります。
ですが、その企業ならではの独自のサービスや環境、企業の雰囲気などを指摘することで、その企業でないといけないということが伝わりやすくなります。

最近は働きやすさを重視する方も多く、残業の有無や休日の日数などをチェックして、その点が良いという方もいますが、これは間違いなくアウトになってしまいます。
必ず気をつけておくようにしましょう。

次に、当社に入ってやりたいことは何ですかという質問もよくあります。
これは、その企業の事業内容などから考えると良いでしょう。

「御社ではスマートフォン向けのサービスを展開されており、私もスマートフォンは日常的に便利で面白いと感じています。
そうしたサービスの開発に携われたらとてもやりがいがあると思っています」という形で具体的に答えられると、企業の方も今後をしっかり考えていると思ってくれます。

また、こうした具体的に伝えられることで、しっかりと伝えられるプレゼン能力も評価してもらいやすくなります。
採用の可能性はぐっとアップするので、ぜひ事前に企業研究を行い、あなたのやりたいことをまとめておくと良いでしょう。

回答を作っておくのはおすすめしない

以上、企業でよくある質問をご紹介しました。
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

気を付けたいのは、面接でよく聞かれる質問の回答を先に作っておくのはあまりおすすめしないということです。
ざっと概要のイメージを持っておくことは大切ですが、フレーズまで考えておくと本番で緊張して忘れてしまうことがあります。

多くの転職本などでも回答例が載っていますが、正直それを覚えて使ってもあまり意味がありませんし、表面的になってしまい、不採用になる可能性が高いです。

それよりも自分が何がしたいのかを日頃から深く突き詰めて考えておくことが大切です。
ぜひ意識してみてくださいね。