面接時の服装について

第一印象を高めることが就活成功の第一歩

新卒でも中途でも、就職活動をするときに必ず行うことになるのが採用面接です。
学生時代にアルバイトを経験したことがある人も多いことと思いますが、正社員としての採用を希望する面接では求められるものが全く異なってきます。

アルバイトの場合には就業する時間や日にちなどといった条件が何よりも重要となるので、極端に見た目がやばそうな人でなければあまり気にされることはありません。

しかしできるだけ長く勤務をしてもらうことを前提とする正社員採用面接においては、最低限のビジネスマナーを備えている人間であるかということが細かくチェックされます。

面接はいわば初めてその企業の担当者に「自分」を見てもらうための機会となりますので、第一印象から悪いイメージを与えてしまうと採用確率はかなり低くなってしまいます。

第一印象を良くするといってもモデルや俳優ばりに美しくならなければならないというわけではありません。
社会人としてあるべき姿の範囲に収まった見た目をしていればそれでOKです。

面接という場所においてはそこにふさわしいドレスコードというものがありますので、そこから逸脱しない範囲で服装を用意していきましょう。

スーツ選びのポイント

就職活動のために必須の服装といえばビジネススーツです。
一般的には就活スーツは男女とも黒もしくは濃紺、または暗めのグレーを選びます。

転職の場合にはカラフルなものを着用してもよいとされることもありますが、基本的にはリクルートスーツとして使用されるものにしておいた方が無難です。

スーツに合わせるシャツについても男女ともに白色を選ぶのが基本ですが、淡めの色のものであれば水色やピンクのものにしても大丈夫です。

このとき十分に注意したいのが襟元や袖口の汚れで、白を着用したときには特に目立つので汚れがこびりついているようなものは使用しないようにしましょう。

男性の場合にはネクタイ選びにも悩むところですが、受けを狙ったキャラクターものなどではなく、ごく一般的なストライプやドットのものにしておけば問題ありません。

案外見落としがちなインナー

スーツや靴などよく見られる部分には気を使うことができても、案内見えにくいところについては手抜きをしている人がいます。
男性の場合はワイシャツの下に着るインナーや靴下、女性ならストッキングです。

スーツに合わせて着るインナーは白が基本で、襟元からはみ出して見えないようにすることが重要です。
靴下は黒か濃紺を使用し、座って裾が上がっても足首の肌が見えない長さのものにしましょう。

女性のストッキングは肌色に近いものを使用することが望ましいですが、生足のままでは失礼にあたります。