第二新卒について

第二新卒とは

転職市場が活発になるにつれて注目されているのが第二新卒という言葉です。
最近は浸透してきている言葉ですが、新卒として入社したものの、3年以内に転職を検討している方のことを指します。

第二新卒の方は短期間で最初の企業を離れようとしているためマイナスイメージもありますが、中にはその方だけの問題ではなく、企業の仕事の環境が整っていなかったことが原因の場合もあります。

そのため、第二新卒の方は良い人材の方もまだまだ多いとして、転職市場では注目されている人材なのです。
今第二新卒に当てはまる方は今後もチャンスは大きくあると考えて転職活動をすることをおすすめします。
きっと上手くいく可能性もあるはずです。

第二新卒のメリット

第二新卒の方のメリットとして、まずは若さがあります。
新卒の方にも負けない20代前半の方なので、今後伸びる可能性は大きくあるのです。

企業もこの可能性に期待している所があるので、元気さやフレッシュな雰囲気を前面に押し出して転職活動をしていきましょう。
若いというのはそれだけで大きな武器になるのです。

また、基本的な社会人としてのマナーなどがある程度できているというメリットもあります。
新卒や最初に入社した企業である程度の基本的なマナーは身につけている方が多いため、改めて研修をする必要がありません。

スムーズにメインの業務の研修をすることができるので、今後活躍してくれる人材になる可能性も十分あるのです。

前職が似た業界の場合、そのまま活かせるスキルを持っていることもあります。
PCスキルやコミュニケーションスキルなど、転職しても活かせるスキルは意外とたくさんあります。
そうしたスキルも第二新卒の方は持っていることが多いので、色んな活躍が期待できる人材でもあるのです。

第二新卒のデメリット

逆に第二新卒の方のデメリットとしては、我慢強さが足りない方もいるということです。
やはり入社から数年で転職を検討するのは少し早い面もあり、企業の職場環境が整っていれば頑張れる方がどうかはしっかりと判断する必要があります。

転職は癖になる方もいるため、採用する方がそれに当てはまっていないかはよくチェックしておきましょう。

第二新卒の方はこうしたメリットとデメリットがあることが多いです。
今第二新卒に当てはまっている方は、自分の長所は伸ばして、デメリットとなる我慢強さについては今後は気持ちを入れ替えて頑張っていきましょう。

以上、第二新卒についてご紹介してきました。
ぜひあなたも可能性はしっかりあると信じて活動していくことをおすすめします。

あっとほーむでもサポートさせていただいている方の中に第二新卒の方は多いです。

面接でよく聞かれる質問と回答例

面接ではよく聞かれる質問もある

面接就活や面接で必ずあるのが面接です。
面接は直接企業の方と話をして、お互いによりよく知るための機会でもあります。

面接では面接官の方から、様々な質問がありますが、多くの企業でされることが多い質問もあります。
ここではそうした質問とその回答例をご紹介します。

回答例は多くの方に当てはまるようになっているので、ぜひ参考にしてあなたの回答も組み立ててみてほしいと思います。

面接でよく聞かれる質問をご紹介

面接でよく聞かれる質問として、なぜ当社を希望したのでしょうかという質問があります。
これは、条件面を答えるのではなく、御社の企業理念に惹かれました、など、その企業独自の個性が感じられる点を挙げると良いでしょう。

条件面だけで良いと判断されると、企業の方も別に他の企業でも良いのではと思ってしまいやすくなります。
ですが、その企業ならではの独自のサービスや環境、企業の雰囲気などを指摘することで、その企業でないといけないということが伝わりやすくなります。

最近は働きやすさを重視する方も多く、残業の有無や休日の日数などをチェックして、その点が良いという方もいますが、これは間違いなくアウトになってしまいます。
必ず気をつけておくようにしましょう。

次に、当社に入ってやりたいことは何ですかという質問もよくあります。
これは、その企業の事業内容などから考えると良いでしょう。

「御社ではスマートフォン向けのサービスを展開されており、私もスマートフォンは日常的に便利で面白いと感じています。
そうしたサービスの開発に携われたらとてもやりがいがあると思っています」という形で具体的に答えられると、企業の方も今後をしっかり考えていると思ってくれます。

また、こうした具体的に伝えられることで、しっかりと伝えられるプレゼン能力も評価してもらいやすくなります。
採用の可能性はぐっとアップするので、ぜひ事前に企業研究を行い、あなたのやりたいことをまとめておくと良いでしょう。

回答を作っておくのはおすすめしない

以上、企業でよくある質問をご紹介しました。
ぜひ参考にしていただけたらと思います。

気を付けたいのは、面接でよく聞かれる質問の回答を先に作っておくのはあまりおすすめしないということです。
ざっと概要のイメージを持っておくことは大切ですが、フレーズまで考えておくと本番で緊張して忘れてしまうことがあります。

多くの転職本などでも回答例が載っていますが、正直それを覚えて使ってもあまり意味がありませんし、表面的になってしまい、不採用になる可能性が高いです。

それよりも自分が何がしたいのかを日頃から深く突き詰めて考えておくことが大切です。
ぜひ意識してみてくださいね。

転職における自己PRの考え方

自己PRの考え方の基本を学ぼう

転職活動では自己PRをする機会も多くあります。
自己PRでは自分をどのようにアピールするかが大切になりますが、ここで、自己PRの基本を学んでおく必要があります。

自己PRについての考え方とも言えるものを学んでおくことで、より効果的な自己PRができるようになるのです。
ここではそうしたより良い自己PRをするための考え方をご紹介します。

あなたもこの考え方を習得して、面接官の方を唸らせるような自己PRをしてほしいと思います。

自分についてよりよく知ろう

自己PRの基本の考え方は、自分についてよりよく知ることです。
自己PRというと自分をどのようにアピールするかを考えることが大切だと考える方が多いですが、実はこの前に、自分を知っておく必要があるのです。

自分についてなんてもう分かっていると思っている方もいるかもしれません。

こうした方は、これからどんな仕事に就きたいと思っているか、就いた仕事で何をしたいか、仕事を通してこうなりたいというビジョンを語れるか、仕事で身につけたいスキルはどんなものか、こうしたことにすらすら答えられるかをチェックしてみてほしいと思います。
すぐに出てこなければ、それは自分を分かっていないことになります。

自分を知るというのは、自分の今後について具体的に答えられるということです。
答えられない方は、この答を無理やり作るのではなく、本当は自分はどうしたいかについてよく考える必要があるのです。

これはとても本質的な考え方で、自分についてきちんと分かっておけば、自己PRをするのも簡単にできるようになります。
自分についてよく分かっていれば、あとはその中から企業にとって何が合っているかを伝えれば良いだけだからです。

多くの方が自分をよく分かっていない中で企業に自分が合っていることを伝えようとするので、返答に詰まってしまうことになるのです。

自己分析は就活ではする方が多いですが、転職活動でも行なっておきましょう。
先ほどの質問にすぐに答が出ない方は、自己PRの前に自分を知ることが大切です。

紙などに自分の考えを書き出していくと、自分について深く考えることができるようになります。
紙に書くことはとても大きな効果があり、自分の頭の中を整理するのに役立ってくれるのです。

自己PRは自己分析とつながっている

このように、自己PRは自己分析がしっかりしていると自然にできるようになります。
就活や転職活動の大部分は自分をよく知ることで解決することができるので、ぜひ良い機会と思って考えることをおすすめします。

自分について考えるのは大変かもしれませんが、それは後になって大きなリターンとして返ってくるはずです。

理系に転職したいあなたへ!理系向きのお仕事を紹介

理系に転職したい方へ

研究文系の大学を卒業して、そこから仕事をしているけれど、理系の仕事に転職をしたいと思っている方もいるかもしれません。
理系の職種は様々なものがあるため、その中からできそうなものをチェックして転職を検討するのもおすすめです。

ここでは理系の仕事をご紹介していきます。
参考にして検討してみてくださいね。

理系の仕事をご紹介

おすすめの理系の仕事はまずは研究開発です。
新しい商品などを作る仕事で、理系の仕事の中でも花形と言われる仕事です。
収入も高収入が期待できるため、目指してみるのもおすすめの仕事です。

文系から転職をして研究開発職につくのはかなりハードルが高いです。
基本的に理系の方は大学や大学院で4年ないしは6年専門的な勉強をしている方がほとんどなので、文系の方が転職で入社できる可能性は低いです。

そのため、現実的な道としては、大学に再入学することをおすすめします。
受験勉強をして大学に入学し、4年間は学部生として勉強します。
そしてそこから大学院で2年間勉強すると研究開発の仕事をするのに必要な知識とスキルが身に付きます。

トータルで7年ほどの時間が必要になるので、今後をよく考えて検討することをおすすめします。
年齢が高くなると中途採用も厳しくなることも多いので、その点も考慮しましょう。

営業は比較的文系の方も転職しやすいです。
技術営業と呼ばれる技術に関する知識を持ちながらも営業を行なう仕事は、理系寄りの仕事と言えるでしょう。

技術に関する知識は専門的なレベルまである程度分かっておく必要があるため、これも基本的には理系の方が営業になるパターンが多いです。
文系の方が転職して技術営業になるには、専門的な知識をいかにカバーするかがポイントです。

最後にSEです。
システムエンジニアと呼ばれる情報系の仕事ですが、必要なスキルを学ぶことで仕事をすることができます。
専門学校なら2年ほど勉強すれば必要な知識を身につけられることが多いです。

基本は専門知識の勉強が改めて必要

文系の方が理系に転職するには、ある程度の年月をかけて専門知識を勉強する必要があることは覚えておきましょう。
すぐに転職するのは難しいことも多いので、ぜひ今後のプランを立てて検討してみてくださいね。

現在社会人として仕事をしている方は、勉強のために情報系なら2年ないしは3年、機械系などの本格的な理系の知識は大学で勉強する必要があるため4年から6年は見ておく方が良いでしょう。

社会人になってから文系から理系に転職するのはかなり大変ですが、目標をしっかりと持っていればチャンスはあります。
また、工場の製造の仕事などは文系の方でも行なうことができます。

理系の転職には理系専門のサイトを利用するのがおすすめです。
こちらを参考にしてみてほしいと思います。

参考:理系の転職ならテンプR&D

理想の転職はひとつずつやるべきことをこなせばたどり着くことができるはずです。
諦めずに頑張っていきましょう。